史語所歷史文物陳列館

歷史文物陳列館

MUSEUM OF THE ISTITUTE OF HISTORY AND PHILOLOGY/ACADEMIA SINICA

MENU
:::

字級

| |
列印

よくあるご質問

  • 自家用車で行く場合、歴史文物陳列館までどのような経路になりますか?駐車場はありますか?その場合は駐車料金は?

    お車でお越しの場合は中央研究院位置図をご参考下さい。 中央研究院の敷地内で駐車可能です。駐車料金は本院所定の標準料金となります。水曜日に中央研究院の大門より入場される場合は身分証明書あるいは運転免許証をお預かりし、出場時に料金をいただきます。標準料金は一時間以内20元。土曜日は無料です。
  • 歴史文物陳列館にはガイドツアーのサービスはありますか?どんな言語の展示ガイドサービスがありますか?どのように申し込めばよいですか?

    当館のガイドツアーには定時と予約制の二種類がございます。 定時ガイドツアー:毎週土曜日の14:00開始で、中国語にてご案内しております。事前申込の必要はありませんが、開始五分前までに一階ロビーの休憩コーナーにお越し下さい。ただし、公開講座開催日には、ガイドツアーの時間は10:30-12:00に変更されます。 予約制(団体)ガイドツアー:十五名様以上の団体でお越しの際は、七日間前までにお電話で(02)2652-3180へご予約下さい。または当館ウェブサイトから申込フォームをダウンロードして当館へメールでお申込みいただくか、FAXで当館広報部(02)2786-8834まで送信して下さい。言語サービスについては、団体予約のガイドツアーは中国語と英語に対応しております。
  • ガイドツアーに間に合わなかった場合は、音声ガイドの設備を利用することはできますか?

    現在、当館にはまだ音声ガイドの設備はございませんが、一階と二階のロビーにマルチメディアガイドシステムをご用意し、展示コーナーや展示品についての解説を提供しております。また、二階の「西南民族コーナー」では中国西南民族に関する映像「環境・生態と集落」や、録音「西南民族の声と物語」を放送しておりますので、こちらもぜひご利用下さいませ。
  • 歴史文物陳列館の出版物やグッズを購入したいのですが?

    当館一階ロビーの受付にて、当館の出版物やグッズを定価の二割引にて販売しております。当館の出版物やグッズについての詳細は、こちら 出版物をご参考下さい。史語所の出版物の購入をご希望される場合は、本所の事務室(当館五階)の担当者・吳お求めいただくか、楽学書局(台北市金山南路二段138號10樓之1,(02)2321-9033)にお問い合わせ下さい。または、中央研究院学術活動センター地下の書店、四分渓書坊(02)2783-9605でも取り扱っておりますのでこちらもどうぞご利用ください。史語所の出版物に関する情報については、史語所ホームページの「本所出版品」をご覧下さい。
  • 報道関係者や一般の観覧者が取材や写真撮影を希望する場合、どのように申請すればよいでしょうか?

    報道関係の方で取材や写真撮影をご希望の場合は、当館(02)2652-3180までお問い合わせ下さい。一般の観覧のお客さまで写真撮影をご希望される方は、一階ロビーの受付にて写真撮影申込書にご記入下さい。展示物保護のため、いずれの場合も写真撮影時のフラッシュ使用はご遠慮下さい。
  • 展示換えは定期的に行われますか?

    当館の展示は所蔵資料による常設展示が基本となっておりますが、毎年一、二回程度小規模な特別展示や展示換えを行います。その際には展示に関連するセミナーや親子参加活動、公開講座などの教育普及活動を開催いたします。
  • 歴史文物陳列館のボランティア活動に参加したいのですが、どのように申し込めばよいでしょうか?

    詳しくは当館ウェブサイトの「加入我們」をご覧下さい。またはお電話にて(02)2782-9555内線180までお問い合わせ下さい。
  • 飲食施設はありますか?

    当館には現在飲食施設はございませんが、中央研究院学術活動センターの中にレストラン(中華、洋食及び喫茶店)がございますので、こちらをご利用ください。
  • 講演などの関連行事はありますか?どうすれば参加できますか?

    当館では不定期で講演を開催しております。当館ウェブサイトで催事情報などをご確認ください。
  • 展示品について詳しく知りたいのですが、どのウェブサイトを見ればわかりますか?

    以下のウェブサイトで、当館の展示品に関する情報が見られます。 
    1. 考古発掘遺物の写真記録および関連資料データベース :中国大陸および台湾で史語所がおこなった考古学調査の成果をまとめてあります。 
    2. 拓本・古文書デジタルアーカイブ :収録資料:青銅器拓本、仏教石刻造像拓本、漢代簡牘、甲骨文拓本、遼・元・金代石刻拓本など。一階考古空間の殷、西周、春秋戦国時代の資料と、二階歴史空間の居延漢簡、拓本資料についてはこちらをご覧下さい。 
    3. 傅斯年図書館館蔵善本古籍検索システム :史語所附属傅斯年図書館所蔵の古籍善本のデータベースです。二階歴史空間の珍蔵図書コーナーの資料についてはこちらをご覧下さい。 
    4. 中国西南少数民族総合データベース :二階歴史空間の西南民族コーナー展示資料についてはこちらをご覧下さい。 
    5. 明清檔案工作室 :二階歴史空間の內閣大庫コーナー展示資料についてはこちらをご覧下さい。 その他、以下の各サイトもご参考下さい。 
    6. 殷王大墓の復原 
    7. 殷墟考古両岸ネットワーク共同展覧会計画
    8. 文物図像研究室
    9. 傅斯年図書館
  • 中央研究院内の他の記念館や博物館の開館日時を教えてください。

    胡適記念館 
    電話:(02)2782-1147,2789-9720
    開館日時:水・土の9:00~17:00。祝日は閉館。

    嶺南美術館 
    電話:(02)2789-9937 FAX:(02)2789-9938
    開館日時:火-金 12:00~17:00。
    土・日 10:00~17:00。月曜日と祝日は閉館。 

    民族学研究所博物館
    電話:(02)2652-3308 FAX:(02)2785-5836
    開館日時:月-土 9:00~12:00、13:30~16:30。日・祝日は閉館。 

    生物多様性研究センター植物標本館
    電話:(02)2789-9590内線616 担当者:劉(りゅう) FAX:(02)2782-7954
    開館日時:月-金 9:00~12:00、13:30~16:30。 土・日・祝日は閉館。
    注意事項:団体でご見学の場合は一ヶ月前までにお手紙かお電話にて見学日時と参加人数と所属団体名をご連絡下さい。また、見学当日は時間までに当館までお越し下さい。 

    生物多様性研究博物館
    電話:(02)2789-9579 FAX:(02)2785-8059 

    中央研究院生態観察池 
    電話:(02)2789-9872[中央研究院総弁事処秘書組第三科] FAX:(02)2785-3847 
    生命科学図書館の向い側にある自然観察用の人工池です。中央研究院の大門から入ってまっすぐ歩いて10分ぐらいの所にあります。10名以上の団体でご見学の場合は係員による解説をいたしますので、事前に中央研究院総弁事処秘書組第三科にお申込み下さい。 

    ゲノム学・プロテオーム研究センター「遺伝子突然変異マウスモデル実験室」電話:(02)2789-9681~8(8ライン)内線6065 担当者:陳
:::