サービス

1.対応展示品のQRコードを読み取ることで、お手持ちのスマートフォンを音声ガイド(中国語・英語)
   としてご利用いただけます(ヘッドホンをご使用ください)。
2.一階と二階にマルチメディアガイドシステム(中国語・英語・日本語)が設置されています。
3.無料Wi-Fiを提供しております。
4.お体の不自由な方はカウンターでサポートをお申し込み下さい。
5.エントランスには、AED(自動体外式除細動器)が設置されています。


当館は史語所の研究理念である「新学術」精神に基づき、これまでの研究成果と各資料の性質にふさわしい展示方式を採用いたしました。
二樓參觀動線

二樓參觀動線

歷史空間

二階の歴史空間は文献資料など史料を種類別に展示しており、居延漢簡、珍蔵図書、内閣大庫檔案、中国西南民族の民族衣装や工芸品、西周時代から宋代に至るまでの拓本資料、台湾史関連資料という六つのコーナーから構成されております。ご観覧の順路は二階ロビーから始まります。このロビーは各展示コーナーへと続いており、それぞれの展示コーナーは独立しつつお互いに連続している構造になっています。
 
一樓參觀動線

一樓參觀動線

考古空間

一階の考古空間への移動は、地底にもぐりこむ気分になるよう設計されています。一階の展示空間にはガラスの壁で囲まれた通路が空間の中心を貫いていますが、この通路は時間の流れを抽象的に表したもので、この通路によって各展示コーナーがつながる構造になっています。
一階の考古空間は時代別に、新石器時代の龍山文化から、殷、西周、春秋戦国時代までの遺跡から出土した資料を系統的に展示しております。
考古空間の各展示コーナーでは、遺跡ごとに墓葬の写真や発掘作業時の写真を展示していますが、なんといっても最大の見所は、墓葬の発掘によって出土した資料をすべて展示したことによって、考古学調査の成果を皆さまご自身の目で確認できるところでしょう。