• 亀腹甲刻辞《丙》247

    亀腹甲刻辞《丙》247
  • 亀腹甲刻辞《乙》0778

    亀腹甲刻辞《乙》0778
  • 亀腹甲刻辞《乙》 5867+《乙》8202

    亀腹甲刻辞《乙》 5867+《乙》8202
  • 亀腹甲刻辞《丙》069

    亀腹甲刻辞《丙》069 亀の腹甲に占いとその結果を刻んだ卜辞資料。刻辞は33字あり、「賓」という名の貞人が、辛酉のこの日に方国〓に戦勝できるかを問うている。
  • 亀腹甲刻辞《乙》0867

    亀腹甲刻辞《乙》0867
  • 牛距骨刻辞《乙》8688

    牛距骨刻辞《乙》8688 殷王が大乙の祭祀について、田猟で獲物がたくさん獲れるよう祈る内容が刻まれている。
  • 牛肩甲骨刻辞《甲》3333/3361

    牛肩甲骨刻辞《甲》3333/3361 三人の羌人と十頭の牛を用いて(≒犠牲として)「義京」という地で祭祀を行うことについて問うている。
  • 人頭骨卜辞残片《甲》3739

    人頭骨卜辞残片《甲》3739 文字が刻まれた人頭骨は史語所の殷墟発掘調査資料中これ一点のみで、「武」と刻まれている。
  • 刻辞鹿頭骨《甲》3940

    刻辞鹿頭骨《甲》3940 殷王の帝乙・帝辛(紂王)時期の刻辞鹿頭骨。刻辞の内容は、殷王が方国の征討に赴いた帰りに〓の地で田猟を行い、捕らえた獲物で文武丁(武乙と文丁)を祀った、というもの。
  • 刻辞鹿頭骨《甲》3941

    刻辞鹿頭骨《甲》3941